スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

セミナーに行ってきました。

2008/06/26 木曜日

あるところで「品格向上の話し方セミナー」に参加してきました。
講師の方は元毎日放送アナウンサーの女性で、対象は20代から50代くらいの
女性でした。ロールプレイングを交えながら、より良い会話ができるように具体的
にアドバイスをして下さいました。

アナウンサーの方の発声の仕方って、人を惹きつけるものがあると思うのですが、
訓練によっては私たちも上達するのかな~?

さてさて、今日のお話を聞いて自分なりの解釈も交えながら、いくつか書き留めて
きたことがあります。その中の2つをご紹介したいと思います。

①嫌な音のスパイラルを断ち切る
②語尾の音の種類を多く持つ

~解説~
①相手に言われた言葉に腹を立てて、つい自分もカッとなって言い返した後で、自
  分が発した嫌な音(トーンなど)によってさらに嫌な気分になる。この連鎖を食い
  止めるために、腹が立ってもぐっとこらえて少し高めの声で切り返したり、語尾を
  柔らかくしたり工夫する。するとひどい口論に発展せずに済む。
 
  →夫婦げんかなどに有効!

②「この件でよろしかったですね」という時(別にセリフは何でも良い)、語尾の「ね」
  の音をどのように発音するかによって、受ける印象は全く変わる。

  →色んな語尾の発声を練習してみて!


なかなかおもしろいセミナーでしたよ☆



スポンサーサイト

| 23:55 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。